エイミー・シューマー、代理出産を検討するために体外受精を一時停止することを決定

 

トレインレックのスターであるエイミー・シューマーは、昨年夫のクリス・フィッシャーと体外受精をした後、彼女の息子ジーンを世界に迎えました。

彼女は、このプロセスを経験した人なら誰でも証言するであろうように、このプロセスは肉体的にも感情的にも大きな打撃を与えたと語っています。

夫婦はもう一人の子供をもうけることを望んでおり、今年XNUMX月に彼らは妊娠するためにもう一度IVFを始めると発表しました

しかし、その後、世界がコロナウイルスに襲われ、IVFを含む多くの医療処置が保留にされたとき、彼女には自分の選択肢を検討する時間がありました。

彼女の体外受精は保留になり、今度は彼女の深刻なつわりが大きすぎて再び耐えられないことを明らかにした後、診療所が再開されているため、彼女はこれから続けることはできないと言います。

妊娠悪阻に悩まされて、彼女は入院しました、そして、彼女がさらなる妊娠でそれを再び発達させる可能性が90%あると言われました。

エイミーはテレビシリーズを撮影しました エイミーを期待して 母性への彼女の旅の詳細、その間彼女はXNUMX人の子供がいるが最後にもう一度妊娠したいと思う友人クリスティターリントンバーンズに話しました。

機会をつかんで、39歳のエイミーは言いました。 もう二度としないので、代理を探しています。」

その後、エイミーは今日の番組で、「それは私たちが絶対に探究したことだ」と言って、それが完全に冗談ではなかったと認めました。

「つまり、それ(妊娠)は自分自身をもう一度経験することを想像することができないものですが、自分自身を経験しないことを想像することもできません。 とても混乱しています。」

「(コロナウイルス)のパンデミックのため、家族計画の拡大を保留しました。 私がもう一度持ち運んでみるか、代理がいるかに関わらず、それはすべて保留になっています。」

エイミー、あなたが何を決めようとも、すべての成功を祈っています。

代理出産ルートに行きましたか? または、代理出産の選択を検討していますか? mystory@ivfbabble.comでご連絡いただければ幸いです。

代理出産を検討している場合は、Cope Talksでこのエピソードを必ずご覧ください。

コメントはまだありません

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

翻訳する»