チャーリー・ドルチェによる、男性の視点からの不妊症を通じたあるカップルの旅」

「台本をリッピングする」は、不妊症を介したあるカップルの旅の一人の男の物語です

脱線した発見の初期の数か月から、IVFのジェットコースターに乗って(ラスベガスでのサイコロの最後の投げを含む)、数年後の息を呑むような日まで、赤ちゃんの台本をどのように引き裂かなければならなかったか彼らが養子にしようとしている赤ちゃんに会います。

今日、子供を持つことについての私の懸念は、不妊治療のジェットコースターの乗り物ではなく、親の流出とスリルについてです

Our boy – adopted by us when he was a baby – has just retreated into his room, after yet another scrap about his growing Fortnight habit.私たちの少年は、赤ちゃんのときに養子縁組されましたが、彼の成長するXNUMX週間の習慣についてさらに別のスクラップがあった後、ちょうど彼の部屋に引っ込んだところです。 When it comes to day-to-day parenting (adoption issues aside), having an adopted child is really no different to having a biological one.日常の子育て(養子縁組の問題は別として)に関して言えば、養子を持つことは生物学的な子供を持つことと実際に違いはありません。 All those loves, joys and challenges are exactly the same.それらすべての愛、喜び、挑戦はまったく同じです。

それでも–その言葉 採用 is so often (but not always) a signal that 'childlessness' has most likely occurred;非常に頻繁に(常にではありませんが)、「子供がいない」ことが発生した可能性が最も高い信号です。 a couple has failed to conceive naturally, had fertility treatment, failed at that too…カップルは自然に妊娠することができず、不妊治療を受け、それでも失敗しました…

Certainly, that would define the broad sweep of our long journey to finding our family, for my wife and I: the de-railing shock of discovering our infertility, just as our marriage was getting going, it's vision of children beginning to glow on the radar;確かに、それは私の妻と私にとって、私たちの家族を見つけるための長い旅の広い範囲を定義するでしょう:私たちの結婚が始まったちょうどその時、私たちの不妊症を発見することの手すりの衝撃は、子供たちが輝き始めるというビジョンですレーダー; several years of 'natural' then full on IVF, including a final role of the dice in a Las Vegas clinic (the full range of what we so heartbreakingly call 'failed cycles');ラスベガスのクリニックでのサイコロの最終的な役割を含む、数年間の「自然な」その後のIVFでの完全な(私たちが悲痛なほど「失敗したサイクル」と呼ぶものの全範囲)。 and then, once we had had licked our wounds, a big step into the world of adoption (light at the end of the tunnel, at last).そして、傷口をなめたら、養子縁組の世界への大きな一歩を踏み出しました(ついにトンネルの終わりの光)。

そして、私たちの息子が私たちにもたらした富にもかかわらず、それはまだ私たちと一緒です–当時私たちの生活を襲った不妊の津波

その生物学的 もの that never happened, year after year, hasn't gone away.それは、毎年、決して起こらなかった、消えていません。 It doesn't leave you, not completely.それは完全にではなく、あなたを離れません。 However a person / couple proceed with their lives (together or apart), post 'failed' fertility treatment – surrogacy perhaps, adoption, or deciding to do without – it goes on, rippling through your life, albeit the waves of grief becoming smaller and quieter, as time passes.しかし、人/カップルは(一緒にまたは離れて)人生を進め、「失敗した」不妊治療を投稿します-代理出産、養子縁組、またはなしで行うことを決定する-それは続き、悲しみの波が小さくなり、時間が経つにつれて、静かになります。

二次不妊

今日、私たちが呼ぶものの周りに役立つ読むべきことがたくさんあります 二次不妊症、 a state that encompasses much of what I'm talking about.私が話していることの多くを包含する状態。 But SI has a particular anchor of reference – anしかし、SIには特定の参照アンカーがあります。 以前に出産した後、妊娠したり、出産まで赤ちゃんを産んだりすることができない –そして、少なくとも直接、これらの生涯にわたる不妊の問題をカバーしていません(また、養子縁組のシナリオも含まれていません)。

「スクリプトのリッピング」

50年間の距離と理解のために、読者の利益のために(私は願っています!)、サンプルルームのこぼれやスリル、希望のローラーコーストの乗り物だけでなく、より深い視点で書くのを助けてくれますと喪失(すでに十分にカバーされています)が、進行中の長期的な状況と不妊の結果(それらのいくつかは、苦労して獲得した種類の方法で、驚くほど希望的です。さらに力を与えます)。

世界保健機関は、不妊症(最終的には「状態」ではなく病気として分類される)を次のように定義しています。 「XNUMX年間の無防備な性交後の妊娠の失敗」。 A helpful diagnosis perhaps, if you're wanting to gain access to free or subsidised fertility treatment.あなたが無料または助成された不妊治療へのアクセスを得たいならば、おそらく役に立つ診断。 But for just about every other aspect of what infertility means – its longer termしかし、不妊症が意味する他のほぼすべての側面について–その長期 心理社会的、性的および幸福への影響–かなり役に立たない。

Childlessness is as old as the hills.子どものいないことは丘と同じくらい古いです。 But as our ways of dealing with it have evolved – fertility science, counselling and talking about it (there's a lot of positives here!) – so our understanding of those impacts needs to evolve too.しかし、不妊治療、カウンセリング、それについて話すなど、私たちの対処方法が進化するにつれて(ここには多くのポジティブな点があります!)、それらの影響についての私たちの理解も進化する必要があります。 A progression that explores, supports and gives voice to all that it means, life long, for women and men going through it.それを経験する女性と男性にとって、それが意味するすべてのことを、生涯にわたって探求し、支援し、声を与える進歩。

「RippingUptheScript」はAmazonの出版物です.

「男性が自分のパートナーやおそらく自分自身の生殖能力の問題に完全に関与する自信を見つけることができることは非常に重要です。 不妊治療は長い間、主に女性の問題と見なされてきました。」 (Zita West、不妊治療の専門家。)

スクリプトをリッピングする is an entertaining read about fertility – funny, moving, useful.不妊治療についての面白い読み物です–面白くて、感動的で、便利です。 The more men's voices are out there, the easier it will become for us to talk about it.”男性の声が多ければ多いほど、それについて話しやすくなります。」 (Gareth Down、Men's Fertility Supportの創設者。)

コメントはまだありません

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

翻訳する»