IVFバブル

ガビー・ローガン:「体外受精の旅について子供たちに話しました」

スポーツとテレビの司会者 ギャビーローガン 彼女は子供たちに、彼女が「興味深い会話」と呼んだものに体外受精をすることを話しました。

43歳の双子の11歳の母親、ルーベンとロイスはOKマガジンに、「他の人にグーグル検索される」前に自分の子供たちに自分の概念を伝えたいと伝えました。

彼女は有名人誌に次のように語った。 とても興味深い会話でした。 学校のだれかがグーグルで検索した場合に備えて、最初に伝えたかったのです。」

ギャビーは、元ラグビーの伝説的存在であるケニー・ローガンの16歳の夫と、彼女のIVFの旅(IVFの説明)について非常にオープンです。

夫婦は、妊娠するまでに親への長い旅をしました 双子 2005インチ

愛されているテレビのパーソナリティは、出産時に深刻な出血を起こしましたが、それにもかかわらず、より多くの子供を産みたいと思っていましたが、そうではありませんでした。

夫婦は40代になったときに子供を持つことをあきらめました

Gabbyは2013年にCloser誌に次のように語っています。「もっと子供が欲しいです。たまに気味が悪いこともあります。

「私はIVFを二度とやりたくありません。それは言うには絶望的なことですが、もっと子供ができたら、もっと子供ができただろうと確信しています。 しかし、私たちは今、道の終わりにいると思います。」

同様の状況にいると思いますか? TwitterまたはFacebookで連絡を取るか、IVF babbleを検索するか、ストーリーをclaire@ivfbabble.comにメールで送信してください

 

comment