IVFバブル

女性、56歳、双子が娘の兄弟を与えることを試みている

51歳で最初の子供をもうけた女性は、娘に兄弟を与えることを望んでいます。

スーザン・ルフラノ-ワルツマン(56歳)は、44歳になるまで夫のジョシュに会わず、狂ったように恋に落ちました。

フロリダのカップルは、子供が一緒にいることを望んでいることを知っており、デートを始めてからXNUMX年後に試み始めました。

彼女は46歳で自然に妊娠しましたが、XNUMX週間で残酷な打撃で流産しました。

その経験により、彼らは子供を産むことをさらに決意し、その後数ヶ月で体外受精を始めました。

最初のXNUMXラウンドは失敗し、カップルはドナーの卵子または精子を検討したかどうか尋ねられましたが、彼らは自分の赤ちゃんを試すことを決心しました。

彼らの忍耐力は報われ、第XNUMXラウンドはうまくいきました。

スーザンは、51年に娘のモーガンを出産したとき2016歳でしたが、外傷性分娩後に緊急帝王切開を受け、深刻な不安を引き起こしました。

モーガンは今や幸せで健康なXNUMX歳ですが、夫婦は彼女に兄弟を与えたいと思っています。

スーザン、今56歳は双子が欲しい

彼女は言いました Kidspot.com.au 「私はいつも双子が欲しかったので、次のラウンドで双子がいれば満足するでしょう。 しかし、私はモーガンにどちらの方法でも兄弟が欲しいです。」

彼女は人々が後年に子供を産んだことで夫婦を批判したことを認めます、しかしスーザンはモーガンを育てることで彼女の成熟が前向きであると感じていると言いました。

彼女は次のように述べています。 私は40代と50代の赤ちゃんを産もうとしているすべての女性のチャンピオンになりたいと思っています。「あきらめないでください。」

40代または50代の子供をもうけようとしていますか? 私たちはあなたの話を聞いてみたいです、mystory @ ivfbabble.comにメールしてください。

関連コンテンツ

40代で体外受精をすることについて知りたいこと:彼女の70,000ポンド、XNUMX回の流産、そして際限のない心痛がかかりましたが、新しい母親のシャロンマーシャル(今朝の住人であるソープクイーン)はそれをすべてやり直す予定です

comment